« 水戸市長に「4月17日『申し入れ』の堅持を求める要請」を提出しました。本日原電が首長に回答します。 | トップページ | 12月17日水戸市議会本会議最終日。共産党市議団が「消費税10%増税中止の意見書」を提出 »

明日から9月定例水戸市議会ですが日程が決まらぬ異常事態。共産党市議団として声明を発表しました。

水戸市議会の一刻も早い正常化を求める声明 201492

日本共産党水戸市議団 田中真己 中庭次男 江尻 加那 

本日2日、水戸市議会の議会運営委員会が開かれたが、9月議会の審議日程を決めずに終わってしまった。そのため明日3日から9月議会が開会されるが、議事録署名議員と23日間の会期を決めるだけで、その先の議事を進めることができない前代未聞の異常事態となっている。日本共産党の中庭議員は、本日の議会運営員会で「審議日程を決めるべきだ」と強く主張した。

それは、3日の市長の提案理由の説明や議案説明会、10日から12日の代表質問・一般質問、16日から22日の常任委員会や決算委員会の審議を予定どおり行うためである。

議案には市民会館や市役所旧庁舎の解体、市営住宅の新築、下水処理場の改築工事など重要案件も含まれており、これらの審議を尽くすことが議会の重要な使命である。

今回、他会派から議長の所属会派の変更などを理由として「議長に対する信頼が失われた」との議論が繰り返されてきたが、このまま重要な議案の審議を行わなければ、市民不在の争いと厳しく市民から批判されることになる。

地方議会への批判が高まっている中で、市民から付託された市議会議員としての役割をしっかり果たすべきである。

よって日本共産党水戸市議団は、一刻も早く審議日程を決定し、議会を正常化し、十分な審議を行うことを強く求めるものである。 以上

|

« 水戸市長に「4月17日『申し入れ』の堅持を求める要請」を提出しました。本日原電が首長に回答します。 | トップページ | 12月17日水戸市議会本会議最終日。共産党市議団が「消費税10%増税中止の意見書」を提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水戸市長に「4月17日『申し入れ』の堅持を求める要請」を提出しました。本日原電が首長に回答します。 | トップページ | 12月17日水戸市議会本会議最終日。共産党市議団が「消費税10%増税中止の意見書」を提出 »