« 水戸市議会で「ブラック企業に厳正な対処を求める意見書」が全会一致で可決 | トップページ | 「カレーライスはこわいぞ」を観ると「カレーライスが食べたくなるぞ」の巻 »

東海第2原発の適合審査申請の議会への説明と質疑の場を~水戸市議会議長に申し入れました

2014年4月21日、水戸市議会の田口文明議長に対し、日本共産党水戸市議団(田中真己、中庭次男、江尻加那)は、「東海第2原発の適合審査申請に係る水戸市議会の対応についての申し入れ」を行いました。内容は以下のとおりです。

東海第二原子力発電所について水戸市長はじめ立地周辺市町村長は、日本原電の適合審査申請(安全審査申請)に対する判断を先送りするとともに、議会及び住民への情報公開と説明を行うことを、4月17日に日本原電に要請しました。  審査申請は再稼働のためのステップであり容認できるものではありません。これまで3回の市町村への説明会がすべて非公開で行われたことに、県民から大きな批判があがっています。申請の内容は住民の安全にとって極めて重要な問題であり、すべての情報を公開すべきです。 水戸市議会においても日本原電に対して充分な説明を求める必要があると考えます。 よって、下記の事項について検討し、実行するよう求めます。

1. 水戸市議会として日本原電に適合審査申請に係る説明と質疑の場を早急に設けること。

2. 原子力施設における安全対策や住民避難計画の策定など、今後の原子力行政に議会が適切に対応できるよう、(仮称)原子力対策特別委員会を水戸市議会に設置すること。

3. 水戸市民に対する説明会と質疑の場を設けるよう、水戸市議会として日本原電に要請すること。

以上です。

田口議長は「各会派の代表に対し、共産党市議団から申し入れがあったことを知らせ、各会派の意見も聞きながら今後の対応を考えます」との回答でした。

|

« 水戸市議会で「ブラック企業に厳正な対処を求める意見書」が全会一致で可決 | トップページ | 「カレーライスはこわいぞ」を観ると「カレーライスが食べたくなるぞ」の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水戸市議会で「ブラック企業に厳正な対処を求める意見書」が全会一致で可決 | トップページ | 「カレーライスはこわいぞ」を観ると「カレーライスが食べたくなるぞ」の巻 »