« 自治体リストラの先は? | トップページ | 通称・トモス=大工町1丁目市街地再開発事業のいまは? »

ネルソンマンデラ国際デーにあたり元大統領の回復をお祈りします。

蒸し暑い一日でした。汗をかきかき選挙最終盤がんばるぞ。

7月18日は南アフリカで人種隔離政策(アパルトヘイト)の撤廃運動を率いたネルソン・マンデラ元大統領の95歳の誕生日。この日は国連が定めた「ネルソン・マンデラ国際デー」でもあります。

病床にあるというネルソン・マンデラ元大統領。一日も早いご回復をお祈りしたいと思います。

彼の自伝をもとにした映画「インビクタスー負けざる者たち」は感動ものです。1994年、27年もの投獄のあと、大統領に就任したマンデラ大統領と、南アフリカ代表のラグビーチームのワールドカップ出場を描いた映画です。

映画の中で、マンデラ大統領がピーナールに贈る詩が深い。

「インビクタス-負けざる者たち-」 

私を覆う漆黒の夜

鉄格子にひそむ奈落の闇

私はあらゆる神に感謝する

我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ

私はひるみも叫びもしなかった

運命に打ちのめされ

血を流しても

決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に

恐ろしい死が浮かび上がる

だが、長きにわたる脅しを受けてなお

私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと

いかなる罰に苦しめられようと

私が我が運命の支配者

私が我が魂の指揮官なのだ

(ウィリアム・アーネスト・ヘンリー)

監督はクリントイーストウッド。マンデラ役はモーガンフリーマン。ラグビーチーム主将フランソワ・ピーナール役はマット・デイモン。みんな私の好きな人ばかり。観ていない人には、ぜひオススメです。

|

« 自治体リストラの先は? | トップページ | 通称・トモス=大工町1丁目市街地再開発事業のいまは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自治体リストラの先は? | トップページ | 通称・トモス=大工町1丁目市街地再開発事業のいまは? »